製品情報
Products

製品情報

クリスコートは赤外線を吸収する特殊溶剤を配合し、窓から室内へ侵入する赤外線量を約90%カットします。
暑さの原因となる赤外線を大幅にカットすることで、夏場の室内温度の上昇を抑え、同時に室内で発生する赤外線をコーティングが吸収するので、冬場の窓際の冷えを軽減できます。省エネ、節電対策として非常に効果的で、年間を通した空調費の削減が可能です。

おすすめするシチュエーション
●冷房光熱費を削減したいご家庭に
●西日で暑い店舗や住宅に
●クールビズ・ウォームビズを導入するオフィスに
●効果的な節電・省エネ対策をお探しの企業に
●夏場の温度上昇を抑えたい車や公共交通機関に

オールシーズン快適空間は窓の遮熱から

建物の熱の出入りがもっとも大きいのは、開口部である窓ガラスです。通産省生活産業局の資料によると、夏場で建物全体の71%が窓から熱が入り込み、冬場48%が窓を通して暖房熱が逃げるという数字が出ています。すなわち、窓ガラスの遮熱・断熱が、快適空間のカギとなります。

●クリスコートを施工した窓ガラスと普通の窓ガラスの室内温度測定実測値(夏場の例)
●夏/太陽の直射熱をカット
夏は窓から室内へ熱が侵入するのを防ぎ、室内の温度上昇を抑制します。夏場に行った室内温度測定では、クリスコートを施工することで温度を下げる効果が見られました。
●冬/室内の熱を逃さず、結露の抑制効果も
冬、室内の暖かい空気は、窓から外へ逃げようとします。クリスコートの塗膜は室内の暖房熱を一度吸収し、室内側に再放射するので、窓からの熱逃げの抑制につながります。

資料出所:X’coat製造元 株式会社サンシャイン ©sunshine inc

一般的に、夏場は冷房の温度を1度下げることで、電気使用量の10%が削減できるといわれています。

一般家庭の場合 1年間で約30,000円の節約可能
(エアコン使用台数3台、一日約12時間程度使用の場合の目安です)
オフィスの場合 1年間で約400,000円の節約可能
(エアコン使用台数10台、一日約12時間程度使用の場合の目安です)

※施工面積や使用環境などにより効果は異なりますので、あくまでも目安としてご参考にしてください。
資料:株式会社インポーター登録販売代理店での実測データ