1. HOME
  2. クリスコート製品概要
  3. クリスコートとは
  4. クリスコートの特徴

クリスコートとは

What is X'coat

クリスコートとは

クリスコートの特徴

クリスコートの特徴
紫外線を99%カット。日焼け色褪せを低減。
紫外線カット99%

クリスコートは、ガラスに特殊な被膜を形成することで目に見えない有害な紫外線(UV)を99%までカットします。波長の長さの異なるUV-A・UV-B両方の紫外線をカットしますので、窓際の陳列商品や家具・カーテンなどの日焼け・色褪せを抑えるだけでなく、シミやソバカスなどの原因となる皮膚への悪影響も防いでくれます。

  • 商品や室内調度品の日焼け防止
  • 乳幼児やお年寄りの紫外線対策
  • 紫外線アレルギー対策
  • 夜間照明に集まってくる夏の虫よけ対策
  • 車の運転中の日焼け対策
赤外線を90%カット。省エネ、節電対策に効果的。
赤外線カット90%以上

クリスコートは、赤外線を吸収する特殊溶剤を配合し窓から室内へ侵入する赤外線量を約90%カットし、オフィス・住居の快適さが向上し、節電・省エネ対策に効果があります。暑さの原因となる赤外線を大幅にカットすることで、夏場の室内温度の上昇を抑え、同時に室内で発生する赤外線をコーティングが吸収するので、冬場の窓際の冷えを軽減できます。省エネ、節電対策として非常に効果的で、年間を通した空調費の削減が可能です。

オールシーズン快適空間は窓の遮熱から

建物の熱の出入りがもっとも大きいのは、開口部である窓ガラスです。通産省生活産業局の資料によると、夏場で建物全体の71%が窓から熱が入り込み、冬場48%が窓を通して暖房熱が逃げるという数字が出ています。すなわち、窓ガラスの遮熱・断熱が、快適空間のカギとなります。
夏は窓から室内へ熱が侵入するのを防ぎ、室内の温度上昇を抑制します。夏場に行った室内温度測定では、クリスコートを施工することで温度を下げる効果が見られました。
冬の室内の暖かい空気は、窓から外へ逃げようとします。クリスコートの塗膜は室内の暖房熱を一度吸収し、室内側に再放射するので、窓からの熱逃げの抑制につながります。

夏は室内に入る日差しや熱を防ぎ、冬は室内から逃げていく熱を軽減

熱の出入りの最も多い場所が窓だからこそ、遮熱が必要!

窓は屋根や外壁など他の部位に比べて著しく熱の出入りが多くなります。つまり、窓の遮熱化は他の部位の断熱改修よりも効率がよく、また、クリスコートは工期が短いため、一時的な引っ越しなども不要で、オフィスの休日施工が可能な点も大きなメリットです。

暖房の熱
夏の冷房時の熱が 窓から出ていく割合
冷房中に熱

出典:経済産業省資源エネルギー庁 2017.家庭の省エネ徹底ガイド

節電効果の目安

一般的に、夏場は冷房の温度を1度下げることで、電気使用量の10%が削減できるといわれています。

  • 一般家庭の場合:1年間で約30,000円の節約可能
    (エアコン使用台数3台、一日約12時間程度使用の場合の目安です)
  • オフィスの場合:1年間で約400,000円の節約可能
    (エアコン使用台数10台、一日約12時間程度使用の場合の目安です)

※施工面積や使用環境などにより効果は異なりますので、あくまでも目安としてご参考にしてください。

  • 冷房光熱費の削減
  • 真夏の店舗や住宅の西日対策
  • クールビズ・ウォームビズを導入するオフィス対策
  • 効果的な節電・省エネ対策をお探しの企業
  • 夏場の車や公共交通機関の温度上昇対策
どんなガラスにも施工可能。
どんな窓ガラスも加工可能

クリスコートは、コーティングという性質上、曲面ガラスや多少の凹凸のあるガラス施工可能です。フィルムと違って継ぎ目がありませんので、大きなサイズの窓ガラスにもシームレスで美しい仕上がりを実現できます。また網入りガラス、ペアガラス、型板ガラスなどフィルムが貼れない・貼るのが難しいガラスにも対応可能です。

  1. 網入りガラス
  2. ペアガラス
  3. 型板ガラス
  4. 曲面ガラス、ブロックガラス
  5. 大きな一枚ガラス等
簡単施工!今ある窓に塗るだけ
クリスコート

クリスコートの施工は、窓ガラスを交換するなどの大がかりな作業は一切不要です。住まいでもオフィスでも店舗でも、そして車でも、今ある窓ガラスにコーティング剤を塗るだけ。基本的に、窓ガラスの内側(室内側)にコーティングするため、脚立さえあればほとんどの窓ガラスに施工できます。
なお、弊社ではクリスコートを御社の中核サービスとしてすぐに展開していただけるように、特約店様へのさまざまなバックアップを行っております。

経済的で営業しやすい商材

クリスコートは、既存の建物への施工が可能です。断熱ガラスの導入などサッシごとの交換と比べて大変経済的です。またフィルムに比べても、高いコストパフォーマンスを誇り、幅広いお客様に対し営業しやすい商材といえます。

●経済性でも選ばれるクリスコート
断熱ガラス導入 〉フィルム 〉クリスコート

営業ツールキット
便利なスターターキット

お客様への提案営業に便利な営業ツールキットをご購入ください。
赤外線電球ライト
クリスコート塗布済み性能比較ガラス
紫外線測定器
紫外線発生ライト

施工研修制度
営業・施工研修制度

クリスコートの販売ノウハウや施工方法について、事前に営業・施工研修を実施しております。実際の現場での施工研修や営業同行も可能です。

塗膜耐久性10年時用の特許所得済み製品。
耐久性能10年以上

クリスコートは、国内特許取得済みの信頼性の高い製品です。コーティング剤を直接窓ガラスに塗布しますので、フィルムのように簡単にはがれたり、めくれたりしません。ガラスに近い成分の被膜が窓ガラスと化学的に密着して強固な塗膜を形成しますので、「気泡」や「ふくれ」が発生することもありません。1回の塗布で10年以上の耐久性を誇ります。

  • 国内特許取得
  • 安心・高品質の国内生産
高耐久の秘密は薄くて硬い塗膜性能

クリスコートは、膜厚7ミクロンとフィルムに比べ厚さが10分の1でありながら、表面硬度は6H(※鉛筆硬度テスト)を誇ります。故意に金属片などで傷つけたりしない限り破損しません。また、耐燃焼性、耐薬品性にも強く、直射日光や酸性雨に対する耐候性にも優れています。
気泡や剥がれもなく、フィルムのような幅の制限が無いため、施工に気付かないほど美しい仕上がりです。

項 目X’coat他社コーティング複層ガラス一般のフィルム
膜厚7ミクロン76ミクロン
ロール幅制限なし最大150mm
省エネ性能×
遮熱性能×
熱吸収ガラス・網入ガラスの加工×
紫外線カット率99%72%82%40%~99%
赤外線カット率90%68%×
硬度6H×
耐用10年以上3年程度

※フィルムと比べて膜厚が極めて薄いため、像の歪みの少ないクリアな視界を保ちます。
※ロール幅による制限がないので、幅の広いガラスにもシームレスに仕上げられます。
※ガラスと化学的に密着して強固なガラス層を形成しますので、フィルムのような気泡やふくれが発生しません。
光学及び熱的性能は、フィルムのグレードによって異なりますので、各メーカーをご参照ください。

透明度と明るさは、ほぼそのまま。抜群のデザイン性。
明るさはほぼそのままクリアな世界

クリスコートの可視光線遮熱率はわずか7%で、室内の明るさ・視界・眺望を損なわず、紫外線と赤外線だけを効果的に遮熱できます。他のコート剤やフィルムと比べて非常に透明度が高く、見た目もごく自然な質感で、インテリアのイメージを損ないません。外から中を見せたい店舗や窓面積を広くとった住宅などの紫外線・暑さ対策に最適です。また、室内照明の負荷に影響しませんので、LED照明の採用等による省エネ設計にも適応できます。

こんな建物におすすめ
窓面積を広くとった住宅
窓面積を広くとった住宅
外から中を見せたい店舗
外から中を見せたい店舗
眺望のよいレストラン
眺望のよいレストラン
明るい療養所の待合室
明るい療養所の待合室